各国の王室や皇室に愛される「喪の正装 」 ヴィクトリアンジェット 仏事のモーニングジュエリー 秋田県大仙市

19世紀、ヴィクトリア女王が夫のアルバート公の喪に服している時に、黒い装いに合う装身具として愛用した事から、正式なモーニングジュエリー(喪に服している期間に身につけられる装身具)とされているヴィクトリアンジェット。

日本の皇室でも黒の洋装になってからこのヴィクトリアンジェットが黒いモーニングジュエリーとされております。

このジェットは古代のジュラ紀の1億8000万年前頃の「木」の化石です。

その中でも硬質で良質な部分だけで作られるものだけを「ヴィクトリアンジェット」と呼びます。

仏事での装いのご相談などございましたら、お気軽におたずねください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です